純米大吟醸

製品紹介

酒税法で定められた特定名称酒の内、精米歩合50%以下の白米、米麹、水を原料として製造され、固有の香味(吟醸香)を帯び、色沢が良好なものを「純米大吟醸」と呼ぶ。

純米大吟醸

辛さを抑えた香りの良い飲みやすいお酒!

日本一と言われる超軟水、和田峠の「黒耀水」を仕込みに使用しています。一般的に酒作りにはカルシウム、カリウム、リン酸、マグネシウムなどミネラル分は、酵母の餌となり、生育が良く、もろみの発酵が潤滑に行われると言われます。ミネラル分が少ない軟水は造りは難しい反面、米の旨味をしっかりと引き出す効果があり、発酵がゆっくりと進むと、きめ細やかな淡麗タイプの酒となります。

瀧澤シリーズに新たに純米大吟醸が加わりました。通年商品としてラインアップ。コストパフォーマンスが高く、芳醇な香りと旨味を醸し出しており、飲みやすくうまい酒に仕上がっています。

気高さをそなえた最上級のお酒です。

長野県酒造好適米「美山錦」を磨き上げ、超軟水の黒耀の水で仕込み、低温でじっくり発酵させました。馥郁たる香りと濃厚な味わいですが、重々しくなく、キレが良く後味がすっきりとしたお酒です。
 

純米大吟醸
■原料米 米(国産)、米麹(国産)
精米歩合 49%
■使用酵母  自家培養
■度数 16度以上17度未満
■使用水 黒耀の水(硬度0.95,超軟水)
   
1.8L  
720ml